TOPICS

第32回庭野平和賞 「エスター・アビミク・イバンガ師」に決まる。

公益財団法人 庭野平和財団(名誉会長:庭野日鑛、理事長:庭野浩士)は第32回庭野平和賞を「障壁なき女性たちのイニシアティブ」(Women Without Walls Initiative )会長でキリスト教ペンテコステ派の牧師、エスター・アビミク・イバンガ師に贈ることを決定いたしました。

header-peaceprize-32-top.jpg

イバンガ師はアフリカのナイジェリアでクリスチャンの家庭に生まれました。大学で経営学を学んだ後、1986年から16年間、ナイジェリア中央銀行に勤務します。その間、1995年に「ジョス国際キリスト教伝道所」を設立し、主席牧師に就任します。そして2010年に「障壁なき女性たちのイニシアティブ」を創設し、同団体の会長として、ナイジェリア国内を中心に、平和構築のための女性の訓練や社会的弱者の権利擁護、国内避難民や貧困者への援助、紛争状態にあるコミュニティ間の対話・調停活動などで活躍しています。

なお、贈呈式は5月14日(木)、東京で行われます。

平成26年度 後期活動助成の採択先が決定しました。

平成26年9月30日、公募助成選考委員会が開催され、後期の採択先が決定しました。
応募総数138件のうち、11件が採択されました。

採択先には、近日中に、助成条件書等の書類をお送りさせていただきます。

助成金の振込は、10月末ごろとなります。

平成26年度 前期活動助成の採択先が決定しました。

平成26年7月8日、公募助成選考委員会が開催され、前期の採択先が決定しました。
応募総数246件のうち、10件が採択されました。

採択先には、近日中に、助成条件書等の書類をお送りさせていただきます。

助成金の振込は、7月末ごろとなります。

平成26年度 前期活動助成採択先はこちら

【訃報】庭野欽司郎理事長 逝去

当財団理事長、庭野欽司郎は、平成26年3月9日午後0時16分、ご病気のため、享年75歳にて永眠されました。
ここに、故人のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。

葬儀は立正佼成会教団葬をもって執り行います。教団から発行された別紙の「謹告」をご参照ください。

謹告

第31回庭野平和賞「ディーナ・メリアム氏」に決まる。

公益財団法人 庭野平和財団(名誉会長:庭野日鑛、理事長:庭野欽司郎)は、第31回庭野平和賞を「女性による世界平和イニシアティブ(Global Peace Initiative of Women-GPIW)」の創設者、ディーナ・メリアム氏に贈ることを決定いたしました。

詳しくはこちら

2014年度公募助成について

2014年度公募助成の応募要項を公開しました。

詳しくはこちら

2013年10月23、24日、「庭野平和賞30周年記念シンポジウム」を開催しました。

『未来社会のための新しいパラダイム』をテーマに、庭野平和財団による「庭野平和賞30回記念シンポジウム」が10月23,24日の両日、東京・千代田区の日本外国特派員協会で開催され、国内外の宗教者ら延べ約230人が参加しました。

詳しくはこちら

平成25年度 後期公募助成の採択先が決定しました。

平成25年9月27日、公募助成選考委員会が開催され、後期の採択先が決定しました。
応募総数57件のうち、12件が採択されました。

採択先には、近日中に、助成条件書等の書類をお送りさせていただきます。

助成金の振込は、10月末ごろとなります。

後期公募助成の採択先はこちら

平成25年度 前期公募助成の採択先が決定しました。

平成25年6月19日、公募助成選考委員会が開催され、前期の採択先が決定しました。
応募総数70件のうち、10件が採択されました。

前期公募助成の採択先はこちら

第30回 庭野平和賞  「グナール・スタルセット師」に決まる。

公益財団法人 庭野平和財団(名誉会長:庭野日鑛、理事長:庭野欽司郎)は、第30回庭野平和賞をノルウェー国教会オスロ名誉監督のグナール・スタルセット師に贈ることを決定いたしました。

stalsett.jpg

グナール・スタルセット師は1935年、ノルウェー王国のフィンランド移民の家庭に生まれ、ノルウェー神学学校を卒業。ノルウェー国教会の地方教区牧師や 神学校の講師に携わったのち、ルーテル世界連盟事務総長、オスロ大学実践神学校学長を歴任し、1998年から2005年までノルウェー国教会オスロ監督を つとめました。

スタルセット師はまた、世界宗教者平和会議(WCRP)国際委員会執行委員、欧州諸宗教指導者評議会(ECRL)議長として諸宗教間対話・協力活動に貢献するほか、ノーベル平和賞受賞者を選考し決定するノーベル委員会のメンバーとして活躍しています。

平成25年度公募助成の公募要項&申請書を更新しました。

応募期間は、前期が3月15日から4月30日まで、後期が7月1日から8月13日までとなります。ご応募お待ちしております。

申請書&公募要項はこちら

第5回GNHシンポジウムを開催しました。

平成24年10月19日(金)午後1時30分~5時、中野サンプラザにて、第5回GNHシンポジウム「日本の村から未来を創造する」を開催しました。

詳しくはこちら

諸宗教チーム韓国済州島訪問

12月5日-8日、韓国教会協議会(NCCK)の主催により、済州島への国際諸宗教連帯訪問団の派遣が行われ、海外からは、米国、カナダ、台湾、日本、ア ジア・キリスト教協議会(CCA)から12名、韓国内から曹渓宗、カトリック、新教、円仏教などから8名、合計20名が参加し、庭野平和財団からは、野口 専務理事が招待され、参加しました。

詳細ページ

Information

2013.3.1

社会調査のページを作成しました。社会調査

2012.12.4

原子力に関する宗教者国際会議に参加しました。詳細はこちら

2012.10.2

平成24年度後期公募助成先が決定。助成一覧はこちら

2012.05.12

平成24年度前期公募助成先が決定。助成一覧はこちら

2012.05.12

「平和構築における先住民の智慧と女性の働き」をテーマに、ロサリーナ氏を招き、京都にてシンポジウム開催。

2012.05.10

第29回庭野平和賞「ロサリーナ・トゥユク・ベラスケス氏」贈呈式開催。

2012.04.26-28

第五回水俣地元学現地学習会実施。詳しくはこちら

2012.02.27

平成24年度公募助成の公募要項&申請書を更新。

2011.11.16

「日本の村から未来を創造する」をテーマに第4回GNHシンポジウムを開催。

2011.09.26

平成23年度後期公募助成先が決定。助成先一覧はこちら

2011.07.23

第28回庭野平和賞「スラック・シワラック氏」贈呈式、京都にて開催。

2011.06.28

平成23年度前期公募助成先が決定。助成先一覧はこちら

2010.12.01

平成22年12月1日に公益認定の登記を行い、公益財団法人となる。

2010.10.22

「GNHと地元学」をテーマに第3回GNHシンポジウムを開催。

2010.10.01

平成22年度後期公募助成先が決定。

2010.07.08

平成22年度前期公募助成先が決定。

2010.06.28

「生・働・老・死をどう支えるか?少子多老社会・日本における宗教界の役割?」をテーマに第3回GNHシンポジウムを開催。

2010.05.13

第27回庭野平和賞「エラ・ラメシュ・バット氏」贈呈式開催。

2009.02.20

第26回庭野平和賞「ギデオン・バグマ・ビャムギシャ参事司祭」に決定。

2009.02.02

庭野平和財団YouTubeサイトを開設。YouTubeサイトはこちら

2008.12.08

宗教団体の社会的貢献活動に対する認知と評価について、世論調査を行う。

2008.11.22

第一回GNHシンポジウム(庭野平和財団設立30周年記念シンポジウム)を開催。