報告:「日本人の宗教団体への関与・認知・評価」についての世論調査 概要報告

世論調査:日本人の宗教団体への関与・認知・評価の20年
- 1999 年・2004 年・2009 年・2019 年の世論調査から-

公益財団法人庭野平和財団は「日本人の宗教団体への関与・認知・評価」について世論調査を実施して参りました。この度、その調査結果の概要がまとめられました。

例えば調査結果の概要では、

〇「神道(神社)」と「仏教(寺院)」の信頼度は、この20 年間で継続的に高くなった。とくに「神道(神社)」の信頼度は大きく増加した。

〇この20 年間で、「神道(神社)」のイメージが著しく強くなった。「心・精神的」が9.8 ポイント、「伝統行事・冠婚葬祭」が12.8 ポイント、「御利益」が15.7 ポイント、「伝統文化」が19 ポイント増加した。これらの項目は「仏教(寺院)」で高かったが、20 年間で追い抜いたことになる。

〇「新しい宗教団体」では、全体的にマイナスイメージが薄れている。

〇宗教団体の社会的影響に関して、すべての選択肢で数値が増加した。とくに「地域社会の交流や安定に貢献している」、「災害時の救援やボランティア活動など社会的に貢献している」が顕著である。

などが明らかとなっています。

詳しくは以下の「世論調査:日本人の宗教団体への関与・認知・評価の20年」に報告されています。

PDF:「世論調査:日本人の宗教団体への関与・認知・評価の20年」庭野平和財団

(今回の調査結果の更に詳細な報告は後日あらためて掲載をさせて頂きます)